生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第9回 第3問 生命保険の現状

  • HOME »
  • ★力だめし 第9回 第3問 生命保険の現状

第3問 生命保険の現状について、空欄に入る正しい語句を次のうちから選んでください。

 
スポンサーリンク

 

~問題文1~
福沢諭吉の提唱が発端となり(ア)時代に生命保険会社が設立されました。

~語句~
①明治/②大正

~問題文2~
年齢別の死因は20代30代では(ア)、40代以上の中高年では(イ)が上位を占めています。

~語句~
①自殺や不慮の事故およびガン/②糖尿病や高血圧/③ガンや心疾患

~問題文3~
生命保険の世帯主加入率は約9割ですが、充足感を感じている人は(ア)割に満たない状況です。

~語句~
①1/②2/③3/④4

~問題文4~
老後の生活や家族の生活を守るための保障には、それぞれの家庭で自主的に行う(ア)、国や地方公共団体が行う(イ)、企業が実施している(ウ)があります。

~語句~
①企業保障/②個人保障/③社会保障

~問題文5~
各年齢者が将来平均して生きられる年数を(ア)、0歳の平均余命を(イ)といいます。

~語句~
①平均寿命/②平均余命

~問題文6~
現在では核家族化に伴い、経済生活に必要な保障は自己の責任において準備すべきであるという(ア)責任意識が強くなっています。

~語句~
①社会/②自己

~問題文7~
社会保障制度には、国民年金や健康保険、介護保険などの社会保険制度をはじめ各種の制度があります。これらは、国民に(ア)水準の生活保障をするもので、国民が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう、国が社会政策の一環として実施する経済制度です。

~語句~
①最低/②一定

~問題文8~
現在の日本は、平均寿命の延びや出生率の低下を主要因として「(ア)社会」となっています。

~語句~
①少子高齢/②情報化IT

~問題文9~
民間生命保険の現状として、保有契約は、平成26年度末で、件数は約2億1,142万件、契約高は約1,335兆円になっており、国民所得の約(ア)倍もの保障を引き受けていることになり、家庭の経済準備に生命保険が欠かせないものになっています。

~語句~
①2/②4/③6

~問題文10~
民間生命保険の現状として、総資産は、平成26年度末で、約(ア)兆円になっています。また保険金・年金・給付金などの保険契約にもとづく諸支払金額は、約(イ)兆円となっており、生命保険は契約者やその家族の生活保障に役立っています。

~語句~
①32/②33/③34/④365/⑤366/⑥367

 
スポンサーリンク

 

私たちの役割と心がまえについて、次の文章が正しいか否かを答えてください。
 

~問題文11~
私たちが訪問するお客さまには、「病気や災害に備えて準備しておきたい」「子どもの教育にかかるお金を準備しておきたい」、あるいは「豊かな老後生活を送るために準備しておきたい」などのニーズがあります。

~問題文12~
お客さま対応で必要なのは、契約締結時までの期間であり、契約後は特にフォローする必要はありません。

~問題文13~
生命保険が重要な存在となってきている今日、各家庭における生活設計を踏まえたコンサルタント、すなわち「経営コンサルタント」としての私たちの役割は一層大きくなっています。

~問題文14~
お客さまの多様なニーズ個々の意向を把握し、それを実現していくために必要となる経済的な準備手段にはどのようなものがあるかについてお客さまに気づいていただき、それを生命保険によって準備することが有効であることをお客さまに理解していただく、そして、契約からアフターサービス保険金等の支払いに至るまで、真にお客さまの立場になって考え活動することが私たちの役割です。

~問題文15~
生命保険の販売は、適切な情報提供と情報収集によって、お客さま意向をしっかり把握・確認していく必要があり、そのための活動面の工夫販売技術の向上も求められます。

~問題文16~
生命保険の販売活動には、いくつかの法的規制がありますが、個人情報の取り扱いに関しては特に気にする必要はありません。

~問題文17~
生命保険は、お客さま生命保険会社の合意にもとづく契約の締結(約束)によって成り立っています。したがって、「適切な情報提供によって、お互いが納得した内容の一定期間または終身にわたる『約束』をすること」が生命保険契約の本質であることを、しっかりと理解する必要があります。

~問題文18~
生活設計にもとづく家計管理の知識をはじめとして、各種保険商品やその約款、保険料・保険金等の税務、「金融・経済・社会保障制度」等の基本的な仕組みなど、お客さまに生命保険を理解していただくための専門知識が不可欠です。

~問題文19~
お客さまの期待に応える販売活動とは、常にお客さまの立場に立って、お客さまの家庭の安心と幸福実現のためのサービス活動を実践していくことです。そのためには正しい倫理観のもと、セールスマナーを心得た誠実なお客さま対応が必要です。また、法令等の遵守やお客さまからの質問や相談に対し、専門家としての自信をもって正しい情報提供と的確なアドバイスをしていくことが大きな信頼に結びついていきます。

~問題文20~
生命保険の目的は、保険事故が発生したときの経済的な保障をお客さまに提供することです。したがって、生命保険会社には社会的な責任があり、私たち自身がその社会的役割の一翼を担っています。加えて、お客さま対応上のさまざまな販売活動に関するルールを守り、自らがその行動を管理していく責任も生まれてきます。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第9回 第4問 生命保険の基礎知識」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.