生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第9回 第17問 照会・苦情時の対応

  • HOME »
  • ★力だめし 第9回 第17問 照会・苦情時の対応

第17問 照会・苦情時の対応について、次の文章が正しいか否かを答えてください。

 
スポンサーリンク

 

~問題文1~
私たちの販売活動の中では、お客さまからのさまざまな意見・ご要望をいただきます。簡単な照会・相談であっても、対応の悪さから苦情に発展する場合もあるため、お客さまからの申し出については誠意をもって対応することが必要です。

~問題文2~
私たちや生命保険会社に直接落ち度はなくても、郵送物の遅配・誤配や銀行等の口座振替ミスなどから生じる苦情もあります。

~問題文3~
苦情を受けてから解決するまでの具体的な対応は、自分自身の正しいと思う信念に従って行動することが大切です。

~問題文4~
保険会社等の金融機関は、取引に関して知り得た情報を正当な理由なしに他にもらしてはならないという守秘義務を負っています。

~問題文5~
配偶者や親族であっても契約者以外の人から「配当金」「貸付金」「解約返戻金」など契約情報について問い合わせがあった場合は注意しなければなりません。契約者の了解なしに情報開示したことによりお客さまに損害が生じた場合は、不法行為としてその責任が問われます。

~問題文6~
契約者貸付や解約などの保全手続きは、配偶者や親族であっても契約者に代わって行うことはできません。どうしても契約者自身が手続きができない事情がある場合は、委任状等による正式な代理人としての手続きが必要となります。この場合でも、契約者本人の意思確認がしっかりできていることが条件となります。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第9回 第18問 生命保険の周辺知識」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.