生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第7回 第11問 隣接業界

  • HOME »
  • ★力だめし 第7回 第11問 隣接業界

第11問 隣接業界について、次の文章が正しいか否かを答えてください。

スポンサーリンク

~問題文1~
JA共済の生命共済は、農林水産省の監督のもとに、原則として農協(JA)の組合員とその家族を対象に事業を行っています。

~問題文2~
JA共済の生命共済の種類には、民間の生命保険の終身保険や定期保険特約付終身保険に相当する終身共済などがあります。

~問題文3~
こくみん共済・各都道府県民共済は、いずれも経済産業省の監督のもと、組合員を対象に普及推進されています。

~問題文4~
こくみん共済・各都道府県民共済の主な特徴としては、掛金は、年齢・性別に関係なく一律のものがあること、2年更新の掛け捨てで、毎年の決算で余剰があれば割戻金として返されることがあげられます。

~問題文5~
こくみん共済は全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)、各都道府県民共済は都道府県民共済グループの元受団体である全国生協連(全国生活協同組合連合会)で取り扱っています。

~問題文6~
少額短期保険業者は、生命保険も損害保険も取り扱えます。生命保険の商品で取り扱えるのは、死亡保険・医療保険とも保険期間は1年以内で、保険金額は1人の被保険者について、一定の範囲内であり、かつ、総額1000万円以下(複数契約合算)となっています。

~問題文7~
少額短期保険業者は、生命保険契約者保護機構の対象ではありません

~問題文8~
損害保険は、主として物に関する保険ですが、所得補償保険傷害保険のように人に関する補償を行うものもあります。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第7回 第12問 社会保障制度」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.