生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第6回 第14問 保障の見直し

  • HOME »
  • ★力だめし 第6回 第14問 保障の見直し

第14問 保障の見直しについて、次の文章が、それぞれ正しいか否かを答えてください。

スポンサーリンク

1.現在加入している契約がお客さまのニーズの変化に対応しなくなった場合、保険種類、保障内容や保険金額および保険期間などについて現状に沿ったものに変更する手続きを「保障の見直し」といいます。

2.契約はいったん解約すると元に戻すことができません。そのうえ新たに契約する場合は契約年齢が高くなり、通常の場合、保険料も高くなります。また、そのときの健康状態によっては、契約できない場合があります。

3.ニーズの変化により、現在加入している契約を見直す場合には、「契約転換制度」「定期保険特約などの中途付加」「追加契約」等を活用すれば、現在の契約を解約することなく、保障の見直しをすることが可能です。

4.保障見直しに関する制度には、他に「保険金等の中途増額」を取り扱う会社もあります。

5.「契約転換制度」を利用する際の保険料は、転換時の契約年齢、保険料率により計算されるため、保険種類によっては、「転換前契約」よりも保険料が高くなる場合がありますが、この点を契約者に説明する必要はありません。

6.「契約転換制度」により加入する商品は、加入時期によっては、予定利率が「転換前契約」より下がり、特約を含めた全体的な保険料が安くなる場合があります。

7.「契約転換制度」により転換契約する場合、契約締結時には「意向確認書面」によって、お客さま意向の反映を確認します。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第6回 第15問 保全・アフターサービス手続きと留意点」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.