生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第6回 第12問 正しい告知の取り扱い

  • HOME »
  • ★力だめし 第6回 第12問 正しい告知の取り扱い

第12問 正しい告知の取り扱いについて、次の説明に当てはまるものを語群から選んでください。

スポンサーリンク

~問題文~
生命保険会社は、個々の契約の危険度なども判断し、適切な契約の選択を行うために、被保険者の健康状態や【ア】など必要な情報を正確に知らなければなりません。

そのために、生命保険会社は、告知書(告知欄)や【イ】の診査報状、取扱者の報告などの他に、生命保険会社の職員または生命保険会社が委託した者によって告知内容などの確認を行う場合があり、これを【ウ】といいます。

【ウ】は、契約の成立前に行われる場合と、成立後に行われる場合があり、その結果、申込内容や告知内容などについて事実と相違していることが判明したときには、契約を引き受けないか、または【エ】であれば契約を解除することがあります。

実際にお客さまが、保険金・給付金等の請求をされたときに、生命保険会社の職員または生命保険会社が委託した者によって、【オ】の状況などの事実の確認(保険金・給付金確認)を行う場合があります。

語群
①財産/②職業/③契約成立前/④契約成立後/⑤解約返戻金
⑥診査医/⑦事実確認/⑧契約確認/⑨治療・事故

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第6回 第13問 保全・アフターサービスの重要性」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.