生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第4回 第8問 契約取り扱いの手続き

  • HOME »
  • ★力だめし 第4回 第8問 契約取り扱いの手続き

第8問 契約取り扱いの手続きについて、次の説明に当てはまるものを語群から選んでください。

スポンサーリンク

~問題文1~
1.契約時に保険料を求める場合、まず【ア】の生年月日から契約年齢を求め、次にその契約年齢をもとに、保険種類や保険金額などに応じた保険料を求めます。

2.契約年齢を求める方法には、【イ】を使用する生命保険会社と、いわゆる「保険年齢」を使用する生命保険会社があります。

3.契約申し込みの際、契約者が未成年の場合は、親権者または未成年後見人の【ウ】です(契約者が結婚している場合は除きます)。

4.新契約の保険料が50,000円以上のときは、第1回保険料(充当金)領収証に【エ】の収入印紙を貼って取扱者の割印を押します。

語群
①契約者/②被保険者/③受取人/④数え年/⑤満年齢
⑥同意が必要/⑦同意は不要/⑧100円/⑨200円

~問題文2~
保険料は、予定死亡率などにもとづく危険度を基準にして定められていますが、その他に被保険者の健康状態や【ア】などによる危険度も基準にして決定されています。危険度の高い人には、特別の条件を付けたり、あるいは契約をお断りするなどして、【イ】間相互の公平性を保っています。

そのために、生命保険会社は申込みを受ける際には、その危険度を判断するための重要な事項について質問し、被保険者(または契約者)には正確にありのままを答えていただくようにしています。これを【ウ】といいます。

語群
①独身・既婚/②職業/③生命保険会社/④契約者/
⑤申告義務/⑥告知義務

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第4回 第9問 遺族生活資金の計算方法」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.