生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第4回 第17問 責任開始とクーリング・オフ制度

  • HOME »
  • ★力だめし 第4回 第17問 責任開始とクーリング・オフ制度

第17問 責任開始とクーリング・オフ制度について、次の文章が正しいか否かを答えてください。

スポンサーリンク

1.お客さまの加入の申込みに対して、これを生命保険会社が認めることを「承諾」といい、生命保険会社が契約上の責任(保険金・給付金の支払いなど)を開始する時期を「責任開始期」といいます。

2.告知書(告知欄)による契約の場合で、申込み(告知)と同時に第1回保険料充当金を払い込み、その後生命保険会社が承諾した場合には、払い込みのあった日にさかのぼって契約上の責任を負います。

3.告知書(告知欄)による契約の場合で、申込み(告知)のあとで、第1回保険料充当金を払い込み、その後生命保険会社が承諾した場合には、申込みのあった日にさかのぼって契約上の責任を負います。

4.告知書(告知欄)による契約の場合で、申込み(告知)のあとで、生命保険会社が承諾し、その後第1回保険料を払い込んだ場合には、払い込みのあった日から契約上の責任を負います。

5.医師の診査による契約の場合で、申込み、診査(告知)、第1回保険料充当金払い込み、生命保険会社承諾の順の場合は、払い込みのあった日にさかのぼって契約上の責任を負います。

6.医師の診査による契約の場合で、申込み、第1回保険料充当金払い込み、診査(告知)、生命保険会社の承諾の順の場合、診査(告知)のあった日にさかのぼって契約上の責任を負います。

7.医師の診査による契約の場合で、申込みと同時に第1回保険料充当金を払い込み、診査(告知)、生命保険会社の承諾の順の場合、診査(告知)のあった日にさかのぼって契約上の責任を負います。

8.生命保険の契約申込みをしたあとでも、再度契約者が熟慮した結果、契約者が契約の取り消しを希望する場合もあります。この場合、「契約申込みの撤回などについての事項を記載した書面」を交付された日、「申込み」をした日のいずれか遅い日を含めて8日以内であれば、文書(郵送)で申込みを撤回することができるようにしています。この制度を「クーリング・オフ」といいます。

9.クーリング・オフは、生命保険会社の指定した医師の診査を受けたあとは、加入の意思が明確であるとみなされるため、契約申し込みの撤回の取り扱いはできません。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第4回 第18問 資産の運用」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.