生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★力だめし 第4回 第15問 剰余金と配当金

  • HOME »
  • ★力だめし 第4回 第15問 剰余金と配当金

第15問 剰余金と配当金について、次の文章が正しいか否かを答えてください。

スポンサーリンク

1.保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率の3つの予定率(あらかじめ予定した基礎率)にもとづいて計算されています。生命保険会社ではさらに、
①健康状態の悪い人が加入して、全体の死亡率を悪化させることのないように
②契約者が支払った保険料は、より安全、確実、有利に運用するように
③制度運営の経費は、少しでも削減するように
といった経営努力を払い、毎年度末に決算し、余りが生じるように努めています。この余りのことを「剰余金(利益金)」といいます。

2.予定利率によって見込まれた運用収入よりも、実際の運用収入が多い場合に生ずる利益を「費差益」といいます。

3.剰余金は保険会社全体のものであり、保険会社に還元されます。

4.3つの予定利率すべてについて無配当用の基礎率を設定し、保険料を安くする代わりに、剰余金の分配を行わない保険を「無配当保険」といいます。同じ保障内容の場合、無配当保険は有配当保険に比べ、保険料は割安になります。

5.有配当保険は、相互会社の場合、剰余金の一定割合を責任準備金に繰り入れ、これを財源として契約者に対し配当金を支払います。

6.有配当保険には、配当金の支払時期に応じて、毎年配当型、3年ごと配当型、5年ごと配当型などがありますが、毎年配当型の場合、配当金は、通常契約後3年目から支払われます。

7.有配当保険の5年ごと配当型の場合は、契約後5年の運用実績に応じて第1回目の配当が割り当てられ、通常契約後6年目から5年ごとに支払われます。

8.配当金の支払方法が、配当金を契約が消滅するまであるいは契約者から請求があるまで、生命保険会社に積み立てておく積立(据置)方法の場合、金融商品取引法の定める利率により複利で運用されます。

スポンサーリンク

>>「★力だめし 第4回 第16問 企業向け商品」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.