生命保険一般課程試験に短期集中合格!スマホでポチポチ簡単に覚える!実践に近いQ&A形式でラクラク攻略!!効率良い順序で出題しているので空き時間に繰り返せば自然と覚えられます。

★計算問題1:遺族生活資金

  • HOME »
  • ★計算問題1:遺族生活資金

◎夫40歳/妻38歳/子ども12歳/9歳で
夫が死亡した場合
残される家族にどの位の資金を準備すべきか」という問題です。

例題1
条件
・末子の大学卒業は22歳
・月の生活費40万
・夫死亡により残された家族の生活費は、現在の7割
・子どもが大学卒業し妻一人になった場合の生活費は、現在の5割とする。
・平均余命
51歳 男31年/女37年
52歳 男30年/女36年
53歳 男29年/女35年


1.家族3人の生活資金
40万×0.7×12ヶ月×(22歳-①歳)=②万円
末子が大学卒業するまであと何年か

2.妻一人になった時の生活資金
40万×0.5×12ヶ月×③年=④万円
*末子が大学卒業する時、妻は何歳で、
あと平均何年生きられるのか



 

例題2
◎夫37歳/妻34歳/子ども7歳/5歳で
夫が死亡した場合。

条件
・末子の大学卒業は22歳
・月の生活費30万
・夫死亡により残された家族の生活費は現在の7割
・子どもが大学卒業し妻一人になった場合の生活費は現在の5割とする。
・平均余命
51歳 男31年/女37年
52歳 男30年/女36年
53歳 男29年/女35年

1.家族3人の生活資金
30万×0.7×12ヶ月×(22歳-①歳)=②万円

2.妻一人になった時の生活資金
30万×0.5×12ヶ月×③年=④万円


スポンサーリンク

>>「★計算問題2:収支相等の原則」のページへ進む

PAGETOP
Copyright © 生保一般課程試験合格.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.